プレミアムエコノミーってよく聞くけど、何?ANAにもあるの?

今まで、エコノミーやビジネス、それにファーストクラスというクラスはきいたことあってもプレミアムエコノミーというのは最近よく聞くようになりましたよね。そもそも、プレミアムエコノミーとは何なのでしょうか。ANAにもそれは存在するのでしょうか。

ANAのプレミアムエコノミー席の気になる寝心地はどうなっている?

特に、一般的に大企業と呼ばれる企業では、ある程度のステータスに立っている方たちには、無条件でビジネスクラスを利用できるとしている会社が多かったのではないでしょうか。

しかし、リーマンショックが起こってからは、企業の財政も厳しくなってきて、それなりの地位にある方も、ビジネスクラスではなく、プレミアムエコノミークラスまでの利用を可能とするなど、経費削減を試みています。

では、このプレミアムエコノミーとは何なのかというと、ビジネスクラスとエコノミークラスの中間にあるもので、値段はビジネスクラスよりは安く、エコノミークラスよりは高いものとなっていますが、足元のピッチはゆとりのある元なっており、それが、エコノミークラスと異なる点です。

しかし、ビジネスクラスのように、そのクラスだけで空間を仕切られているわけではないので、基本的には、エコノミークラスの上のクラスと思っていただいて結構です。

そんなANAのプレミアムエコノミー席の気になる寝心地はどうなっているのかというと、ビジネスクラスのようなシートではなく、エコノミーのシートと同じようなもので、前の席との幅が大きくなっているということがこのシートの特徴なので、エコノミークラスの寝心地よりは良いかもしれないけれど、ビジネスクラスのシートのようなフラットシートもないので、そこまで快適とは言えないというのが現状です。

機内が比較的すいていて、隣に誰も座っていないというのであれば、シートをすべて倒してベッドのようにして寝ていただけます。しかし、そうできるという確率は低いですし、できたとしても寝返りは打てないような席幅になっているので、あまり個の寝心地に関しては期待しない方が良いといえるでしょう。

プレミアムエコノミーを利用する際にはラウンジは使用できるの?

よく出張に行かれていた方、しかも、ビジネスクラスをよく利用していたけど、会社の理由でプレミアムエコノミーを使うことを余儀なくされた方の場合、気になることがありませんか。それは、プレミアムエコノミーを利用する際にはラウンジは使用できるのかということです。

結果から言えば、NOです。そもそも、名前がプレミアムエコノミー、要は、エコノミーの一環ですから、ビジネスクラス以上ではないわけです。ただし、プレミアムエコノミーを購入していても、ラウンジを使用できるケースもあります。

例えば、プレミアムエコノミーからビジネスクラスにアップグレードしているという場合です。通常、エコノミークラスの中でも指定クラスを選んで、ビジネスクラスへアップグレードができるようにします。

しかし、そこに空きがなく、アップグレードできる席は開いているとなった場合、ちょうどプレミアムエコノミーに空きがある場合には、プレミアムエコノミーのシートを予約して、そこからビジネスクラスにアップグレードすることができます。

といっても、必要マイル数はエコノミークラスからビジネスクラスと同じだけ必用なるので、あまりお得ではありませんが、確実にビジネスクラスに乗りたい方はそれをするのが1番です。そういったプレミアムエコノミークラスからビジネスクラスへアップグレードされた方はラウンジの使用はもちろんビジネスクラス扱いになるので可能です。

もしくは、ある程度のステータスにある方は、プレエコであろうがエコノミーを利用しようがラウンジが利用できます。例えば、ダイヤモンドやプラチナ会員ともなれば、常にラウンジを使用でき、同行される方も、一緒にラウンジをご利用いただけます。

ANA 機内持ち込みTOP