ANAのマイレージを使って沖縄に行きたい!どうすればいいの?!

何度もANAに搭乗していて、ANAのマイレージアカウントを持っていれば、自然とANAマイルは貯まってきますよね。そんなANAのマイレージを使って沖縄に行きたいと思うことはありませんか。その際にはどうすればいいのか、マイレージを使って沖縄に行ったことない方は、これは必見ですよ。

特典航空券で沖縄へ行く際のANAの必要マイル数はこれ!

すでにANAでマイレージアカウントを持っている方も多く、マイレージを貯めている方だって、多いですよね。ちょっとでもお得に飛行機に乗りたいのであれば、皆さんこうしているはずです。

海外旅行には興味ないけど、国内良好には興味があるという方、それに、海外も好きだけど、国内でも楽しい場所があるから、マイレージを使ってどこかに旅行に行こうという方は少なくありませんが、その際に特典航空券で沖縄へ行く方は多いですよね。

その際のANAの必要マイル数はどれだけなのか、ここでは典航空券で沖縄へ行く際のANAの必要マイル数をご紹介しましょう。そのマイル数県庁所在地、那覇です。東京(羽田空港)から那覇空港までの特典航空券マイル数は、片道7,000~21、000マイル程度です。

これは、ローシーズンからハイシーズン(旅行の閑散期から人気のシーズン)まで異なりますが、このマイル数で片道は収まるようになっています。しかし、沖縄と言えば、本島だけではなく、それを取り囲む小さな島々、これが沖縄の醍醐味となっていますよね。

ですが、そこまで行くとなれば、ANA便のフリーチケットは、那覇までのマイルだけではカバーできません。片道につき8,500~11,500マイル程度が必要となります。ローシーズンであれば、空席が多くなることもよくあるので(週末以外)、平日利用であれば、最低マイル数を利用して、特典航空券で沖縄(の離島)に旅行することができるかもしれません。

その際には、早めに予約することをおすすめしますし、航空券を早めに予約して、安く旅行できるようにすることがおすすめとなります。さらに、席も早めに予約できるので、お得に航空券を購入して、席もそれと同時に予約して、好きな席で居心地の良いフライトで快適な旅ができるようにしてみませんか。

マイルを使って沖縄にあるANAのホテルに宿泊できる?

沖縄に旅行に行くとなったらマイルを使ってANAの飛行機に乗ることはもちろん、ANAのマイルが余っているならば、出来ることなら沖縄にあるANAのホテルにマイルを使って宿泊したいと思うものですよね。

では、実際にそれができるのかを見ていきましょう。結論から言えば、マイを使って、ANAと提携している沖縄のホテルに宿泊することはできます。では、一体どんなホテルのラインナップとなっているのかというと、これが、大手のホテルばかりなので、利用者にとってはとてもありがたいものとなっています。

例えば、リッツカールトン沖縄、ダブルツリーbyヒルトン那覇や、ラグナガーデン沖縄があります。リッツカールトン沖縄に関しては、45,000マイル必要となるので、ほぼアメリカへの往復フリーチケットと同等のマイル数が必要になります。

しかし、これで、1部屋2名様分(乳幼児は無料でデラックスルーム)の料金となっているので、お得だといえるでしょう。しかも、朝食込みなので、ゴージャスな滞在と朝食を味わうことができます。他2つのホテルに関しては、大人2名様(乳幼児は無料)が20,000マイルで1部屋利用できます。

ただし、ダブルツリーはゲストクイーンルーム、ラグナガーデンはスーペリアルーム、且つツインベッドとなっているので、ご自身が望むベッドタイプルームを提供するホテルです(どちらも朝食込みです)。あなたにとっての移動(や、あなたのニーズに合わせた)に便利なホテルを選ぶことをおすすめします。

どのホテルも、世界レベルで見ても4つ星以上となりますので、皆さん満足していただけることは間違いなしです。ご家族で行かれる場合も、どの部屋も、十分なスペースがありますから、窮屈な思いをせずに済みますし、最高のサービスでもてなしてくれます。

ANA 機内持ち込みTOP