ANAはクレジットカードを持ってマイルを貯めた方がいいの?

マイレージカードを作ったからにはやはりマイルをたくさん貯めて、フリーチケットが欲しいなと夢が膨らみますよね。では、マイルを貯めるためには、マイレージカードを持っているだけでもよいのか、それともANAはクレジットカードを持ってマイルを貯めた方がよいのか、ここで調査してみましょう。

ANAクレジットカードを持った方がお得!その理由とは何?!

結論から言いますと、マイレージを貯めたいのであれば、断然ANAクレジットカードを持った方がお得なのです。では、その理由とは何なのかをここで見ていきましょう。まずいえることが、日々の生活でマイルを貯めることができるためです。

どういうことかというと、無料で作れるANAマイレージカードは、ANA便、もしくはANAと提携している航空会社(同じアライアンスメンバー)の飛行機に乗ることでマイルが加算されるものです。つまり、何かしらANAと関係のある飛行機に乗らなければ、マイルが貯まらないのです。

しかし、ANAのクレジットカードを作ることで、クレジットカードですから、支払いをそれですることができますよね。この支払った金額に応じたポイントが、従来のクレジットカードのようにANAのものもつきます。

そして、そのポイントをマイルに交換することができるのです。ですから、日々の支払いをこのクレジットカードで行えば、結果的には、飛行機乗らなくてもマイルが貯まるという仕組みです。

しかも、ANAと提携しているレンタカー会社などを利用することで、その支払いをクレジットカードで行えば、ポイントも貯まりますし、この場合、マイルも別途加算されるので、お得にレンタカーできるということにもなります。

また、たまにクレジットカードのポイント加算が2倍になるキャンペーンなども行われています。支払い金額は通常通りなのに、ポイントが2倍加算されるので、マイルがいつもの2倍入るということになります。

こういったことはマイレージカードのみだとなかなかないことですので、マイルを貯めるチャンスがたくさんあるANAのクレジットカードはマストハブといえます。

どのANAカードがおすすめ?入会前の注意点についても知っておこう

ANAクレジットカードといっても、実は1種類ではなく、いくつかの種類があります。初めてという方はこれについてよく知らない方も多いでしょうから、ここではおすすめのANAのクレジットカードをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

まず、とりあえずクレジット機能がってマイルもたまるクレジットカードであればよいという方は、一般カードがおすすめです。年会費は2160円と、一番リーズナブルになっています。

これを持っている方はすごく多いので、そのことからも利便性が高いということがわかりますよね。電子マネーにも対応しているので、これがよくつかわれている場所に旅行される時などには便利ですよね。

そして、もう1つおすすめなのが、皆さんも使っているであろうPASMOとANAクレジットカードが一体化したものです。東急と提携しているので、TOKYU POINTもたまります。こちらも年会費は2160円ですし、PASMOと一緒になっているため、いつも持つカード数もこれで1枚減らすことができ、お財布の中身を断捨離できます。

そして、最後におすすめだけども、年会費はかなり高めのカードで、ANAVISAプレミアムカードです。なんと、その年会費は86400円となります。しかし、他のカードよりも明らかにできることが多いのです。

マイル還元率は1.5%、国内のラウンジはどこでも利用可能ですし、プライオリティパスが利用できるので、チェックインも飛行機に乗るのも並ぶことなく対応してもらえます。

出張や旅行で飛行機をしょっちゅう利用されているという方は、これがあれば、快適な空の旅を常に送ることができますし、毎回ラウンジで一休みしてから飛行機に乗るというのも楽しみですよね。

ANA 機内持ち込みTOP