ANA便には必ず機内食はある?その有無のチェック方法と機内食の内容とは

国際線の楽しみが機内食だという方は特に多いのではないでしょうか。国内線では基本的にはないもの、そして、これから海外に行くというだけでもワクワクしますが、その飛行機にで出される国際線でしか体験できない機内食、ANA便では必ず出るのか、機内食が出るかどうかのチェック方法と機内食の内容を見てみましょう。

ANAフライト、機内食の有無を調べるにはどうやればいいの?!その方法とは

昨今、LCCが台頭してきたことによって、通常機内食というのは、航空券代金の中に含まれていましたが、それをカットすることによって航空券の値段を下げようという航空会社が増えてきています。

「もしかしたらANAもそうなってない?!」なんて思う方もいるかもしれませんので、ここでは、ANAフライトでの機内食の有無を調べるにはどうやればいいのかその方法をご紹介しましょう。

まず、基本的に、ANAの国際線に関しては、1番近距離の路線である韓国線であっても、必ず機内食は提供されるので、正直調べる必要はないといえるでしょう。しかし、それでもその有無が気になるという方は、ANAのカスタマーサポートに連絡すれば、すぐに教えてくれます。

もしくは、もう1度あなたの航空券の予約内容を見てみましょう。そうすると、提供される機内食の回数が出ていることがあります(ただ、これはどの予約にも出るものではないので、電話して確かめるのが1番早くて確かです)。近距離路線であれば、最初にドリンク提供があって、大体出発してから1時間後にはすぐに機内食が提供されるようになっています(ソウルや中国の比較的近い地域)。

長距離路線の場合も、同じような感じですが、若干近距離路線よりも時間に余裕があるためか、最初の機内食は1時間後から2時間半くらいの間に提供されます。そして、食事は1回だけでなく、2回以上となります。

場合によっては、機内食を食べてもなんだか口寂しいだとか、小腹がすいてしまうという方がいますから、そんな方のために、ギャレーに簡単に食べられるようなものが用意されています(これはANA便だけでなく、長距離フライトを飛ばす航空会社ではよくやっています)ので、それもぜひ利用しましょう。

ANAフライトで機内食がある場合、どんな内容になっているのか知りたい!

国際線に乗る際には機内食が楽しみという方、前もって機内食の内容を知りたいと思うことがありますよね。それができるのです。比較的これが簡単に行えるので、ぜひ参考にしてほしいのですが、ANAフライトで機内食がある場合、どんな内容になっているのか知りたい場合は、やはりANAに聞くしかありません。

でも、わざわざ電話をする必要はなく、ANAのホームページからこれがチェックできるのです。「ANA 機内食」と入力してみるとそのページが出てきます。そうすると、「お食事・飲み物」と、出ているので、下の方に行ってみると、どんな機内食とドリンクが提供されるか調べられるようになっています。

そこに、出発地と到着地を入力すれば、写真付きで、機内食の内容が出てきます。ですので、かなり飛行機に乗る期待度もここでヒートアップします。路線によって、現地にかかわるような食事も提供されていることが多いので、一足早く、本場の料理を機内で食べられるなんて言うのもうれしいですよね。

ちなみに、この機内食については、現在提供されているものがみられるようになっています。機内食のローテーションは、大体2ヶ月に1度(機内エンターテイメントの音楽や映画も大体このペースで変わります)です。

それ以降のメニューはそこでは見られないので、該当する期間外の機内食に関してはチェックできないということは頭に入れておいていただきたいと思います。ちなみに、この機内食は、もちろんシートクラスによって異なります。

自分自身はエコノミークラスをりようするけども、ビジネスクラスの人がどんなものを食べられるのか調べたいという時には、クラスを変更してみることができますが、写真はないので、イメージするのも楽しいかもしれませんよ。

ANA 機内持ち込みTOP